犬の食事にイカとタコが向かない理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私たち人間と犬は大きな括りで考えれば、同じ雑食動物です。
しかし、食べていいものと悪いものには、ずいぶんと違いがありますよね。

犬は雑食動物といっても体の作りはほぼ肉食獣。
大抵のものは工夫次第でなんでも食べてしまえるスーパー雑食動物な人間に比べると、食べないほういい食材は山ほどあります。

イカやタコも、犬には食べさせないほうがいいと認識されて久しくなりました。 ところで、なぜイカとタコは犬に食べさせないほうがいいのでしょうか?



イカとタコに含まれるチアミナーゼ

魚介類の代表ともいえるイカとタコ。
大好物の人も多いのではないでしょうか。

そんなイカとタコは、犬が食べてはいけない食材の一覧などを見ると、必ず記載されていますよね。

しかし、一口に「犬が食べてはいけない」と言っても、その理由は様々。 食べると中毒を起こしてしまうものもあれば、神経系に作用する成分が含まれているものもあります。

では、イカとタコに含まれている犬にとって危険な成分とは、具体的にあげると何なのでしょうか?

たとえばタマネギだったら、含まれている成分のアリルプロピルジスルファイドが犬の赤血球を酸化させてしまいますし、 アボカドならペルジンが犬に中毒症状を引き起こしてしまいます。

「犬に食べさせてはいけない」という理由がわかりやすいですよね。

ところが、イカとタコの場合はこの部分がなんだかボヤっとしています。

比較的多い説明としては、「イカやタコに含まれているチアミナーゼという成分がビタミンB1を破壊してしまうから」というものがあります。

なるほど、ビタミンB1が破壊されてしまうから犬の体に良くないのだなと思いつつ、具体的にはなんだかよくわからないような……。



チアミナーゼが犬の体に害となるメカニズム

チアミナーゼはビタミンB1を分解する酵素です。
ビタミンB1には神経機能や脳を正常に保つ働きがあるため、そのビタミンB1がチアミナーゼによって分解されてしまうと神経系に異常がでることに。

その結果ふらつくなどの歩行困難に陥ってしまうので、犬や猫にイカやタコを食べさせると腰が抜ける、と表現されるのです。

チアミナーゼは特に内臓に多く含まれているため、犬の食事にイカやタコの内臓はなおのことご法度なわけですが、 実はこのチアミナーゼは加熱すると活性を失います。

酵素なのですから不思議はありませんよね。

つまり、犬に食べさせると最悪なのはイカやタコの生の内臓。
もちろん、それ以外の部分だろうと、生で食べさせれば神経系に異常をきたす危険性があるのです。



チアミナーゼの問題が解決してもイカとタコは犬に向かない食材

チアミナーゼは加熱すれば問題がなくなる!?だったら加熱してから食べさせるなら問題がないのでは……、と思うかもしれません。

しかし残念ながらイカとタコは犬には向かない食材と言わざるを得ません。 なぜなら、犬の胃腸にはとても消化がしづらい食材だからです。

結局のところ、イカとタコが犬の食材として危険視されるのは、この消化に悪い部分が一番なのではないでしょうか。

であれば細かくしたりペーストにしたりすればいいのでは?という意見もあります。

しかし、よく考えてみてください。
そもそもが、長い犬の歴史の中でイカやタコが食料になる機会がどれくらいあったでしょうか。

イカやタコは本来が犬の食べ物のカテゴリーには含まれない食材なんです。 それをわざわざ犬の食事に加えなくても、他にいくらでも犬の体に向いている食材はありますよね。

どうしてもイカとタコを愛犬に食べさせたいのであれば、とにかく消化が良くなるような一手間二手間をかけるべきです。 しかし、そこまでしてイカとタコを犬の食事に加えるメリットがあるのでしょうか。



スルメも生のイカ同様、犬には絶対NG

イカの内臓を取り除いて干したスルメ。
これも犬に食べさせるのはNGです。

スルメは消化に悪いのはもちろんのこと、干してあるという性質が犬にとってはより危険に作用するからです。

犬はじっくりと噛んで食べることがなく、スルメをほとんど丸飲みしてしまいます。

丸飲みされたスルメは胃の中で胃液を吸って膨張し、胃を刺激して嘔吐の原因になります。 また、吐き戻す際に食道に詰まらせてしまうかもしれません。

よしんば胃と十二指腸をつなぐ幽門を通過したとしても、その先で詰まる可能性もあります。

いずれにしても、スルメは犬の胃腸に大きな負担をかけるため、食べさせても良いことは一つもありません。



食べさせてはいけない理由をきちんと知る

犬にとって危険な食材はいくつもあり、それぞれにきちんとした理由があります。

ただなんとなくその食材を避けるのではなく、なぜ食べさせてはいけないのかその理由をきちんと知っておくと、うっかり食べさせてしまうことを防げるかもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要