犬に氷は食べさせてもいい?それともダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬に氷を与えると、喜ぶ犬とあまり喜ばない犬とに分かれます。
水を飲まない犬はいませんが、氷になると嫌がる犬は、おそらくあの冷たさが嫌なのではないでしょうか。

氷を食べるといえば気温の高い時期を思い浮かべますが、現代は一年中室温が快適に設定されていますので、もし犬に氷を与える場合、 暑いから食べさせるというよりはおやつ的なものに近いのかもしれません。

現に、室内飼育をされている犬の中には、真冬でも氷をもらっている子が少なくありません。

ところで、犬にとっての氷――。
これは果たしてアリでしょうか、それともナシでしょうか?



涼しくさせるために犬に氷を与えるのはアリ?

私たち人間があえて氷を食べるとしたら、カキ氷などの氷菓子が中心ではないでしょうか。

しかし、犬が氷を食べるとしたら、それはおおむね単純に水を凍らせただけの氷一択です。 ミルクや肉のゆで汁を凍らせた氷を作っているお家があるかもしれませんが、どちらかというと少数派ではないでしょうか。

いずれにしろ、飼い主が犬に氷を与えるとき、その理由は次の2つに集約されます。
・暑そうにしているので涼を取らせるため。
・オヤツやオオチャの代わりに。
犬は気温が高くなるとハァハァと舌を出します。
息が苦しいわけではなく、舌についた水分を使い、気化熱で体温を下げようとしているわけですね。

ということは、犬がハァハァしているときに氷を与えることは、単純に考えれば理にかなっているのかもしれません。

現にサーモグラフィーを使ってハァハァしている犬の画像を見ると、顔全体を中心として、口の中や舌は温度が高いことを示す真っ赤な色で表示されています。

その赤い部分に冷たい氷を入れるのですから、一時的に氷が接触した部分はオレンジや黄色、緑、青などのもっと低い温度を示してもおかしくありません。

しかし、だからと言って即「氷は犬にとってアリ」と判断するのは早計です。



氷はゼロカロリーのおやつ?

オヤツやオモチャに代わるものとして氷を犬に与えるとしたら、その理由はおそらくカロリーの問題と、口にしても安全なものだという点が大きいのではないでしょうか。

氷は水を凍らせただけのものですから、カロリーはほぼゼロと言って差し支えありません。 ということは、オヤツとしてガリガリかじらせたとしてもカロリーオーバーにはならず、さらには水分摂取ができて一石二鳥。

オモチャとして使う場合も同じですよね。
仮に遊んでいる最中に飲み込んだとしても、水ですから体には害にならず、それどころか水分補給もできてこれまた一石二鳥といったところでしょうか。

こうなるとオヤツやオモチャの代わりとして、氷は「アリ」だと判断したいところですが、 涼を取らせるために与える氷と同様に、「氷は犬にとってアリ」だと安易に考えてしまうのはどうにもためらわれます。

というのも、氷を食べ過ぎれば犬のお腹は確実に冷えてしまうからです。



胃腸が冷えることで起こりうるデメリット

――でも、涼を取らせるという意味で考えたら、別にお腹が冷えてもいいのでは?と思われるかもしれません。 しかし、涼を取らせる意味で下げたいのは上昇してしまった体温であり、胃腸の温度ではないのです。

私たちが体に冷たい氷を突然押し当てられると、「冷たい!」とびっくりしますよね。 犬の胃の中でも氷は不意の刺激となり、嘔吐の原因になることがあります。

また、氷を食べ過ぎて腸が冷えてしまうと、さらなる問題が生じるかもしれません。

と言うのも、腸内細菌の中でもビフィズス菌や乳酸菌のように、善玉菌に分類される菌は高めの温度を好むからです。

そして、悪玉菌が好むのは低めの温度。
つまり、氷によってお腹が冷えてしまうと腸の温度が下がり、悪玉菌が優勢になって腸内環境を悪化させてしまうかもしれないのです。

さらには氷を食べ過ぎてしまったことで大腸までもが不必要に刺激され、ぜん動運動(便を出そうとする腸の動き)が活発になり、 腸内で必要な水分吸収がきちんと行われないまま水分が多すぎる便を排出してしまうかもしれません。

要するに、下痢をしてしまうのです。

こういった悪循環が続けば腸内環境はどんどん悪化し、腸の働きが弱くなってしまった結果、免疫力の低下を招いてしまうこともありえるのです。



犬に氷を与えるなら、ほんの少しだけ

こういったことから考えると、犬に氷を与えるなら、ほんの少しにとどめておいたほうがよいのは間違いなさそうです。

どんなに喜んだとしても、与えすぎでお腹の調子を崩してしまっては元も子もありません。

良いものも多すぎれば害になる食べ物はたくさんありますが、水を凍らせただけとはいえ、氷にしてもそれは同じことなのです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要