犬の尿路結石を防ぐための食事作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の手作りご飯は、多くの食材を組み合わせることで、いろいろな栄養を摂取できるように仕上げたいもの。

しかし、尿路結石を予防するためには、食べさせる量を調節したり、もしくはその食材を避けるようにしたほうがよいものもあるんです。



尿路結石とは

結石とは腎臓、尿管、膀胱、尿道といった、いわゆる尿の通り道に生じてしまうミネラルを含んだ塊のことです。

尿に含まれる成分が大きく影響してしまうのはもちろんのこと、尿路の細菌感染や尿のph値の変化などによっても、結石が生じやすくなってしまいます。

人間にとって結石が比較的珍しい病気ではないように、尿路結石の犬も少なくありません。

尿路結石ができやすい犬種がいるのは確かですが、基本的にはどんな犬でも結石ができる可能性があり、その原因の多くは食べ物に含まれている成分に由来しています。



シュウ酸カルシウム結石

シュウ酸とカルシウムが結合してできる結石です。
主に腎臓で作られるのですが、水を飲む量が足りないと尿量が減少し、シュウ酸カルシウム結石が生じやすくなります。

また、シュウ酸カルシウム結石は尿のphが酸性に傾きすぎると作られやすくなります。

犬の場合はシュウ酸を多く含んだ食べ物を食べてしまうことより、肉類などの動物性たんぱく質を食べ過ぎたことで尿が酸性に傾いてしまうことのほうが、原因としては多いのかもしれません。

予防するには、シュウ酸が多く含まれた食べ物や肉類を食べさせ過ぎないことです。

また、シュウ酸がカルシウムと結びつきやすい性質を利用し、シュウ酸が血液中に取り込まれるより先に、腸内でカルシウムと結合させて便と一緒に排泄させてしまうことも予防につながります。

シュウ酸カルシウム結石ができやすい犬種

・ミニチュアシュナウザー
・シーズー
・ヨークシャーテリア
・トイプードル

シュウ酸を多く含む食材

・ホウレン草
・未熟なバナナ
・芽キャベツ
・レタス

シュウ酸は野菜の多くに含まれている成分で、いわゆる「あく」と呼ばれるものの正体。

そのため、シュウ酸を多く含んだ野菜を食べさせるときは、必ず茹でてあくを抜いてから手作り食に加えたほうが安全です。



ストラバイト結石

大腸菌などの雑菌が尿道から入り込み、尿道や膀胱などの尿路で感染症を引き起こすことにより生じやすくなる結石です。

正常な尿は弱酸性ですが、細菌が入り込むと尿のphはアルカリ性に傾きます。
すると弱酸性では尿に溶け込んでいたリン酸アンモニウムマグネシウムが結晶になり、塊となってストラバイト結石になるのです。

予防としては、細菌感染を防ぐために犬のいる環境を清潔にすることと、体の抵抗力が失われないようにストレスを貯めさせないことです。

また、リンやマグネシウムをおさえた食事が有効とされていますが、やりすぎると尿のphが酸性に傾きすぎてしまい、 今度はシュウ酸カルシウム結石ができやすくなることに。

このあたりは加減がなかなか難しく、飼い主としては頭が痛くなるところでもあります。

ストラバイト結石ができやすい犬種

・ミニチュアシュナウザー
・ヨークシャーテリア
・トイプードル
・ビションフリーゼ

リンを多く含む食材

・しらす干し
・プロセスチーズ
・いわし(丸干し)
・卵黄

マグネシウムを多く含む食材

・ごま
・煮干
・海藻類
・大豆

リンやマグネシウムが多く含まれている食品をなるべく控えつつ、たんぱく質の量も制限することが望ましいとされています。

でも、犬の食性から考えるとなかなか難しいですよね。




尿酸塩結石

肝機能の低下や、プリン体の代謝異常によって生じやすくなる結石です。
また、尿のphが酸性に傾くことでも尿酸塩結石やできやすくなります。

予防法としては、プリン体を多く含む食材を避け、尿をアルカリに傾けることです。

尿酸塩結石ができやすい犬種

・ヨークシャーテリア
・ダルメシアン
・ブルドッグ

プリン体を多く含む食材

・煮干
・レバー(鶏・豚・牛)
・かつお節
・干ししいたけ
ビール酵母やクロレラには大量のプリン体が含まれていますので、サプリメントとして飲ませている場合は、残念ながら中止したほうがよさそうです。



シスチン結石

犬の結石としては、あまり多くはみられないタイプの結石で、腎臓が原因でシスチンを尿に排出してしまう、先天的な代謝障害によって引き起こされます。

シスチンは酸性の尿では結晶化しますが、アルカリ性の尿には溶けやすいため、尿をアルカリ性に傾ける必要があります。

予防するには尿をアルカリに傾けることと、シスチンの摂取量を減らすためにたんぱく質とナトリウムを制限した食事をさせることです。

シスチン結石になりやすい犬種

・ダックスフンド
・ニューファンドランド

ナトリウムを多く含む食材

・塩
・煮干
・海藻類
・ハムなどの加工された肉
ナトリウムと塩化ナトリウムは違うものですが、犬の食事においてナトリウムを制限するときは、塩分を制限することを意識したほうがわかりやすいのかもしれません。



予防と早期発見が大切

結石が怖いからといって、結石になりやすい成分が含まれた食材のすべてを完全に排除しようとすれば、行き詰ってしまうのは目に見えています。

それより、食べさせすぎないことが一番の予防につながるのではないでしょうか。

普段からオシッコの様子をしっかりと観察していると、いちはやく兆候を見つけることは難しくありません。

結局のところ、それが一番の予防法なのかもしれませんね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要