犬の健康状態はウンチと直結している!良いウンチとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
どんなものを食べているかによって、ウンチの質には違いがでます。 また、健康状態がバッチリ反映されてしまうのも、ウンチの特徴ではないでしょうか。

犬にしても私たち人間にしても、ものすごく体調が悪いのにウンチだけは最高!……なんてことは滅多にありませんよね。

だからこそ、愛犬にはいつでも理想的なウンチをしてもらいたいものですし、良いウンチがでるようなご飯を食べさせてあげたいものです。

ところで、理想的なウンチとは、どのような状態のことをいうのでしょうか?



プレミアムフードとウンチの量

質の悪い穀物がたくさん使われているドッグフードをやめて、原材料の質にこだわったプレミアムフードを恒常的に食べさせるようになると、 まず間違いなくウンチの量は減ります。

プレミアムフードといえば、原材料の質の高さを謳っているものがほとんど。
犬の胃腸が消化を苦手としている安価な穀物を使っていないのですから、ウンチの量が減るのはある意味当たり前のことなんですよね。

しかし、ウンチの量が減ったからといって、それが良いウンチをしていることとイコールになるのでしょうか。

もしも量は劇的に減ったけれど、ポロポロと細切れになっていたとしたら、そのウンチは果たして良い質であると判断してもよいものでしょうか?



ウンチを作り上げている中身

それはそうと、ウンチとは一体何からできているのでしょうか?
まず思い浮かぶのは、食べたけれど消化しきれなかったもの――食べ物のカスですよね。

でも実際のところ、ウンチを構成しているものの中で一番多いのは水分なんです。

いわゆるごく普通の固さのウンチであれば、およそ全体の60~70%が水分。このパーセンテージが多いほどウンチは緩くなり、反対に少なくなるとカチカチになっていくわけです。

では、水分を除いた残りの30~40%が未消化のまま排泄された食べ物のカス……かと思いきや、それだけではありません。

もちろん食べ物のカスも含まれますが、その他に新陳代謝によって新しい細胞に入れ替わったことで剥がれ落ちた腸壁の古い細胞、 それから死滅した腸内細菌も水分以外の部分を構成している重要な要素です。

ウンチというものは、実は思っていたより複雑な成り立ちをしているんですよね。



良いウンチってどんなもの?

では、具体的に良いウンチとはどのようなものでしょうか。

なんとなく思い浮かぶのは、固すぎず柔らかすぎず、ティッシュでつかみやすく、取り除いたあともペットシーツに跡が残らないもの。 そしてあまりニオイがなくて、色は茶色……。おおむね、こんなところでしょうか。

となると、仮にウンチの量が減ったとしても、ぽろぽろの細切れ状態では「良い状態」とまでは言えませんよね。 本当に良い状態なら、量が減ったとしてもおおむね一塊にまとまっていて、柔らかすぎず固すぎずを保っているはず。

そこでポイントになるのが、ウンチを構成する水分以外の部分――すなわち、未消化の食べカス、古い腸壁の細胞、死滅した腸内細菌です。 この3つはそれぞれ別々のようでいて、実はとても密接に関係しているんですよね。



ウンチを構成するものが密接につながりあって腸内環境が決まる

良いウンチをするために腸内環境を整えることは、いまや常識中の常識。
となると、胃腸に負担をかけずに消化・吸収させることができる食べ物とは、単純に言ってしまえば消化に良い食べ物のことですよね。

つまり、未消化分が多くなるような食べ物ではダメ、ということになります。

そして、胃腸に負担をかけずに消化・吸収ができると、食べたものの栄養分が適切に体中の細胞にいきわたります。 それは体中の細胞の新陳代謝を促すことになり、腸壁の細胞の新旧入れ替えがスムーズに行われることにつながっていくんですね。

そんな腸内環境を良い状態に保つために欠かせないのが腸内細菌。
しかも、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の中で善玉菌が優勢の環境でなければこれらは実現できません。

なぜなら、悪玉菌の代表格ともいえるウェルシュ菌や大腸菌などが優勢になってしまうと、細菌毒素や発がん性の物質を生じさせてしまうからです。

そうなると腸内環境を良い状態に保つことができなくなり、腸がきちんと栄養を吸収できなくなります。

こんなふうにすべてがつながっているからこそ、腸の状態が悪くなるとすべてが悪循環に、良好に保てれば好循環になるのではないでしょうか。



善玉菌を増やすには善玉菌のエサが必要

では、善玉菌を優勢にするためにはどうしたらいいのでしょうか。
ヨーグルトなどで乳酸菌を補充してあげればいいんじゃないの?と思いたいところですが、残念ながら後付けの菌はほとんど腸内には住み着いてくれません。

といってもそれが無駄になるわけではなく、免疫を活性化させるためには後付けの菌も重要な働きをしているのですが、その件についてはまた後日に。

話を戻しますね。
後付けの菌は腸内に住み着いてくれないため、腸内にいる善玉菌をぜひとも増やしたいところ。 そのために必要なのが善玉菌のエサ――食物繊維です。

ちなみに悪玉菌代表のウェルシュ菌が喜ぶエサは肉。
悪玉菌を増やしたくないなら肉を食べさせなければいいのですが、犬にとって一番大切な栄養は動物性たんぱく質――肉です。

結果として、バランスの良い食事が大切だというのは、こういうことなんですよね。



良いウンチに必要なのはバランスの良い食事

フードを変えたらウンチの量は減ったけれど、ポロポロになってしまった……。 この場合、水分が不足している可能性に加えて食物繊維が足りていない可能性もあります。

食べたものの消化吸収率が高いからウンチの量が減る、という部分にばかり目がいってしまいがちですが、 善玉菌のエサ――食物繊維不足に陥ってしまったら意味がありません。

結局のところ、五大栄養素に加えて食物繊維も含まれているバランスの良い食事が良いウンチをすることになり、それが健康への近道なのかもしれませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要