犬にニンニクはOK?それともNG?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬に食べさせてはいけない食材と聞いて、何を思い浮かべますか?

タマネギ、ニラ、塩分がたくさん含まれている食品、チョコレート……。
そして、ニンニクも犬に食べさせてはいけない食材の一つとして、避けている飼い主さんが圧倒的に多いのではないでしょうか。

ところが、です。
いわゆるプレミアムフードと呼ばれるドッグフードの中には、原材料にニンニクが含まれているものがあるんですよね。

また、犬用のサプリメントの中にも「ガーリック」があるんです。
これって、いったいどういうことなのでしょうか?



ニンニクの何が危険とされているの?

犬にニンニクを食べさせてはいけない――。
でもその理由については、意外と漠然としていませんか?

なんとなく、タマネギやニンニクはダメ!というフレーズだけが一人歩きしてしまっているような気がするんですよね。

そもそも、タマネギやニンニクに含まれる成分の何が犬にとって危険なのかといえば、それはアリルプロピルジスルファイドという有機硫黄化合物です。

いわゆる、独特の臭みの原因となっている物質のことですね。
これが血液中のヘモグロビンを酸化させてしまい、その結果赤血球が破壊されてしまったことで溶血性貧血を引き起こしてしまうわけです。



タマネギとニンニクの違い

食べると赤血球が破壊される!?じゃあ、タマネギやニンニクは絶対犬に食べさせない!となるわけですが……。

実はタマネギとニンニクでは、含まれているアリルプロピルジスルファイドの量が全然違うんです。 タマネギのほうが断然多くてニンニクは微量。

でもニンニクだって臭いじゃないか!と思われるかもしれませんが、ニンニクの臭い成分はアリシンという物質で、アリルプロピルジスルファイドではありません。

このあたりから考えると、タマネギと同様にニンニクも犬に食べさせてはいけない食品の一つとして、 ここまで見事に広まってしまったのは、どちらも独特の臭みがあることで、ひとくくりでダメ!とされてしまったのかもしれませんね。

でも冷静になって考えてみると、タマネギを食べてしまったせいで体調不良を起こした犬は知っていますが、 ニンニクを食べて溶血性貧血を引き起こしてしまった犬にはまだ出会ったことがありません。




ニンニクの効果

日本においては、ニンニクは犬に食べさせてはいけない食品として定着してしまった感がありますが、欧米などではそうでもありません。

だからこそ、外国製のプレミアムフードの中には食材にニンニクが含まれているものがありますし、 サプリメントにも堂々と「ガーリック」の名前を冠したものもあります。

では、犬の食事にニンニクを加えた場合、どのような効果が期待できるのでしょうか。

感染症の予防

ニンニクに含まれるアリシンは天然の抗生物質といわれるほど強力な抗菌性と抗カビ性を持つ物質。 そのため、寄生虫、原虫、細菌、ウィルス、真菌など、様々な感染症を防止する効果が期待されています。

ダニ・ノミよけの効果

ニンニクに含まれるアリシンなどの化合物が代謝され、皮膚から微量のニオイが放出されることにより、 ダニやノミをよける効果があるとされています。

ビール酵母と併用することで効果が高まるため、ペット用のサプリメントにはガーリックとビール酵母が両方含まれたものがあります。

免疫力を高める効果

ニンニクに含まれる硫黄化合物がNK細胞(ナチュラルキラー細胞)――ウィルスやがん細胞と闘う細胞を増加させる働きがあるため、 体の免疫力そのものを高める効果が期待されています。

肝機能を強化する働き

ニンニクに含まれるジアリルトリスルフィドという成分が肝臓を刺激するため、肝臓のもつ解毒作用を活発化させてくれます。

中性脂肪と血中コレステロールを下げ、血管を若返らせる働き

生のニンニクに含まれるアリインやアリシンには中性脂肪を下げる効果や、血栓をつくりにくくして血液をさらさらにし、血管を若返られる働きがあります。

活性酸素をおさえる抗酸化作用も高いため、シニア犬の老化防止にも一役買ってくれるかもしれません。




犬にニンニクを食べさせるときに注意すること

ニンニクに期待される効果をみると、なんだかニンニクをたっぷりと食べさせたくなりますよね。 しかし、どんなに効果の高い食材も、適量を守らなければ意味がありません。

手作り食にニンニクを加えるとしたら、体重10kgあたりに対して1カケぐらい。

しかし、ニンニク1カケといっても、その大きさはまちまちですよね。
まずはほんの少量から試してみて、体調に異変が起きないかを確認しながら少しずつ量を増やしていくほうが安全なのは間違いありません。

すりおろしたニンニクを耳かき1杯程度から始めるのが無難です。

また、ニンニクには驚くほどいろいろな薬効成分が含まれていますが、それらの多くは非常に不安定で、 加熱するとすぐに消失してしまいます。

そのため、できるだけ生に近い形で食事に加えたいところですが、生のニンニクは胃腸を刺激しやすいのが難点。

そういう意味からも、犬の食事に加えるニンニクはほんの少量を、できるだけ生で、というあたりがポイントになるのかもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要