ヨーグルトで犬のお腹とお口の健康を守りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨーグルトと聞くと、お腹の健康を保つイメージが強いですよね。
ドッグフード派の飼い主さんも手作りご飯派の飼い主さんも、ワンちゃんのご飯にヨーグルトを添えたことがあるのではないでしょうか。

腸内環境改善のために取り入れられることの多いヨーグルトですが、実は歯周病に対しても効果があることがわかってきました。



犬の歯はあっという間に歯周病にかかります

人間の歯と同様に、犬の歯も毎日磨いてあげたほうがいい――。
とわかってはいても、なかなか実行しきれないこともありますよね。

そして、いつの間にか愛犬のお口から嫌なニオイが……。
しまった!と思ったときにはすでに歯周病にかかっていることも珍しくありません。

これではいけないと歯磨きをしようとしても、歯磨きに慣れていないワンちゃんは嫌がってなかなか思うようには磨かせてくれないものです。 あまりにも嫌がるものだから、ついつい犬の歯磨きがおろそかになってしまい、気づいたときには歯周病がかなり進行してしまうことも。

そんなときこそ、ヨーグルトを歯磨き粉のような感覚で歯に塗りつけてみてください。

ヨーグルトで歯なんて磨いたら虫歯の原因にならないの!?と思うかもしれませんが、もちろん使うのは無糖タイプのヨーグルトです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は虫歯の原因にはなりません。
加糖タイプは糖分が添加されているため、言うまでもなく歯磨き目的に使うのはNGです。



歯周病を放置すると大変な事態に

そもそも、ちゃんと歯磨きをしないとなぜ犬が歯周病にかかりやすいのかといえば、 それは食べもののカスが歯に付着し、それが歯垢から歯石へとあっという間に変わってしまうからです。

このとき、人間のように虫歯になる過程をすっ飛ばして犬が歯周病にかかってしまうのは、ひとえに口内のphが人間とは違うからなんですね。

人間のようにphが6.5~7の弱酸性から中性であれば虫歯になるところですが、犬の口内のphは8~9の弱アルカリ性。 そのおかげで虫歯菌は繁殖しにくいのですが、代わりに人間の5倍以上というものすごいスピードで歯垢を歯石に変えてしまいます。

歯石ははっきり言って歯周病菌の塊!

あっという間に歯茎が炎症を起こし、腫れた歯茎が歯の根元をおしひろげて歯を土台からぐらぐらにさせてしまいます。 そして歯周病菌は血管の中に入り込んでいくのです。

そうなれば、お口が臭いどころの話しでは済みません。
最悪は心不全や肝不全などの原因にもなりかねないんです。

乳酸菌は、そんな諸悪の根源のような歯周病菌が起こす悪さに歯止めをかけてくれるかもしれません。



乳酸菌がお口の中で果たす役割とは

歯周病菌の何が問題なのかといえば、それは毒素を発生させることです。 そして乳酸菌が口内で果たす役割とは、これらの菌の活動を抑制すること。

と言っても乳酸菌がこれらの菌を殺すわけではありません。
菌が増殖するのに必要なエサである、不溶性グルカンという物質が作られるの防いでくれる働きがあるんです。

この不溶性グルカン。
これこそが唾液をネバネバにしてしまう正体です。

不溶性グルカンが作られるとそこに菌がくっついて定着し、増殖を始めます。 歯周病の犬のヨダレは歯周病ではない犬のヨダレに比べると、かなりネバネバ。

そのネバネバはものすごい数の歯周病菌そのものなんですね。

つまり、乳酸菌で口内ケアをするということは、犬のヨダレをネバネバからサラサラに変えることであり、 それこそが歯周病菌の活動を抑えることにつながるんです。



歯磨きが苦手な子もヨーグルトならおやつ感覚

歯磨きを嫌がってなかなか磨かせてくれない子も、ヨーグルトならおやつ感覚。
無糖のヨーグルトを水で薄め、指にとって歯と歯茎の境目を中心に塗りつけていくだけです。

飲み込んでしまったヨーグルトはお腹で活躍してくれるかもしれません。

歯ブラシで磨いたあとに行ったほうがより効果的ですが、歯磨き嫌いの子にはヨーグルトを塗りつけるだけでも効果が期待できます。

また、ヨーグルトのカロリーが気になる場合は、粉末状の乳酸菌を使ったほうが安心です。

犬の口内ケア用として販売されている粉末状乳酸菌は100gで3800円ほどですが、犬の歯磨きに使うのは1回につき耳かき1杯程度。コスパは悪くありません。

ちなみに、人間用の粉末乳酸菌なら1kgで3000円から4000円。
こちらでも効果がみられる場合は、コスパが良いどころではありませんね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要