硬い骨やガムが犬の歯を傷だらけにする!犬の歯はもろいんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古今東西、犬のイラストには骨がセットで描かれていることが多いですよね。

確かに犬は骨が大好きです。
犬を飼ったことのない人にしてみると、本当にこんな硬いものを食べるの? ただ単に、かじったりなめたりして遊ぶだけじゃないの?と思うかもしれません。

しかし、犬は本当に硬い骨をバリバリと食べてしまうんです。



犬の歯は意外にもろいという事実

骨をバリバリ食べるのは、なにも大型犬に限った話しではありません。 中型犬はもちろんのこと、可愛い小型の室内犬も大喜びで骨をかじり倒します。

見た目はヌイグルミのように可愛い小型犬が骨をガリガリかじる姿は、なかなかシュールなものがありますよね。 そんなとき、やはり犬の祖先はオオカミなのだと改めて感じさせられます。

しかし、犬たちの口の中をのぞいてみると一目瞭然。

鋭い犬歯で肉を引き裂き、あまり咀嚼をせずにほぼ丸飲みするための歯が生えています。 食べ物をすりつぶす役割の平らな奥歯は1本もありません。

犬の歯はオオカミの頃と同じく、いまだ肉食仕様なんです。

ところで、骨のように硬いものをかじって食べるぐらいだから、さぞかし歯が強いと思われがちですが、実は犬の歯は意外なほどもろいんです。

犬の歯はエナメル質がかなり薄く、なんと、骨をかじるのにまったく適していない人間の歯のほうが、よっぽどエナメル質が厚いのだとか。

エナメル質は体の中で最も硬い組織といわれています。それが薄いということは、なにを意味するのでしょうか。



犬はかじるのが大好き。だけど……

犬はとにかくかじることが大好きです。
硬い骨はもちろんのこと、犬用のガムなども硬いものからそうでもないものまで、いろいろな種類が販売されていますよね。

また、食べられないものであっても犬はかじることを好みます。

たとえば犬用のオモチャには木製や硬質ゴム製のものがありますよね。 こういったオモチャは「噛みたい」という犬の欲求を満たすためのもので、ストレス解消や一人遊びのときに重宝します。

しかし、ここで前項の疑問が――。
エナメル質が薄い歯で硬い骨やガムなどを長時間かじり続けた場合、どうなるでしょうか。

これが残念なことに、歯の表面を傷だらけにしてしまったり、ときには歯が折れたり欠けたりする原因になってしまうんですよね。

でも、犬は食べ物を丸飲みするのが基本だとしたら、歯の1本や2本が欠けてしまっても問題ないのでは――?などと思ったら大間違い。

歯の表面についた傷、歯の欠損は犬の健康に重大な悪影響を及ぼす可能性が高いんです。



犬の歯の傷や折れ・欠けが引き起こすコワイ事態

硬い骨やガム、ヒヅメなどを日常的にかじらせていると、犬の歯の表面には無数の傷がつきます。 ぱっと見ではわからなくても、エナメル質が傷だらけになってしまうんですね。

歯の表面に傷が多いと食べ物のカスが付着しやすくなり、歯垢はあっという間に歯石へと変わります。 歯石は歯周病菌の塊ですから、この菌が出す酸がアゴの骨を溶かしてしまうことに。

そして歯肉の血管から入り込んだ歯周病菌が全身を駆け巡り、心不全や腎不全、肝不全などの原因になることがあります。

また、歯が折れたり欠けたりして内部の歯髄(しずい)という神経や血管が通っている場所がむき出しになってしまうと、 そこから細菌感染するおそれがあるんです。

そうなればひどく痛むのはもちろんのこと、細菌感染が頭蓋骨にまで広がるおそれも。 なんだか想像しただけでゾッとしませんか?



どうしても何かをかじらせたいとき

硬いものをかじると犬の歯に傷がついて危険だとわかっていても、ときにはかじらせてあげたいこともありますよね。

犬が骨やガム、ヒヅメなどをガジガジしている姿は本当に嬉しそうで、あの没頭ぶりをみていると、闇雲に取り上げてしまうのが可哀想な気もします。

とはいえ、やはり歯に傷がついてしまえば百害あって一利なし。

となると、歯に傷をつけにくいものを探すしかありません。
そして、たとえあまり硬すぎないものであっても、長時間かませっぱなしにしないことが大切です。

また、老犬に若い犬と同じものをかじらせるのは無理がありますし、大型犬と小型犬でも噛むものの質感や大きさにはそれぞれに適したものがあります。

【硬すぎて犬の歯に傷をつけてしまったり、折れや欠けの原因になりやすいもの】

牛や馬などの骨(特にスネの部分)、牛、豚、馬などのひづめ
【見た目以上に硬さがあり、犬の歯に傷をつけやすいもの

牛皮ガム、馬のアキレス腱
【それなりに硬さがあるため、老犬や小型犬が食べるときは注意が必要なもの】

鶏のアキレス腱、七面鳥のアキレス腱、豚耳
【見た目ほどは硬くないが、あまり長持ちしないもの】

歯磨き専用のガム(犬用)



健康な歯は長生きの秘訣

口の中の健康は、実は全身の健康に直結しています。
どんなに愛犬が喜んだとしても、硬すぎるオヤツが歯に傷をつけてしまったら元も子もありません。

愛犬の歯を守ってあげることは、元気で長生きにつながっているんです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要