犬の食器をヌルヌルさせるものの正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の多くは早食いの大食いです。
そして、あっという間に食べてしまっても、名残惜しそうにいつまでもお皿をなめていたりしますよね。

ようやくお皿から離れていった頃には、まるで使う前のようにピカピカになっていることも。 では洗わなくてもいいかといえば、もちろんそんなことはありません。



油分じゃなくてバイオフィルム!?

室内飼育の犬が全体の8割を超えるようになった今、犬のお皿も使うたびに洗う飼い主さんが増えました。

しかし、使うたびに洗っているはずなのに、ふと気づいたら犬用の食器がなんとなくヌルヌルしていることってありませんか?

そんなとき、ドッグフードに含まれていた油分がきちんと落ちていなかった?と思い、特に気にしていないかもしれません。

しかし、そのヌルヌルの正体。
もしかしたらいつの間にか繁殖してしまった細菌が作り出した、バイオフィルムかもしれません。

バイオフィルムとは細菌同士が寄り集まった集合体のことで、簡単に言ってしまうなら細菌の塊のことです。 細菌が寄り集まったことで被膜化し、簡単には落ちないようにへばりついているんです。

それが原因で、食器用洗剤できれいに洗っているつもりが、いつの間にかヌルヌルしているわけですね。

しかも、バイオフィルムは細菌の塊ですから、それだけでも厄介なのに、 さらにそこに食器用洗剤の成分までが蓄積しやすくなり、二重に気持ち悪い状態に陥っています。



バイオフィルムをやっつけたい!

愛犬にご飯を食べさせたあと、毎回きれいに食器を洗っていたはずが、 いつの間にかヌルヌルのバイオフィルムが付着していたなんて、考えただけでゾッとしますよね。

せっかく愛犬の健康を考えたドッグフードを選び、オヤツも無添加のものしか与えていなかったのに、 実は食器を使うたびに細菌が犬の口から体内に侵入していたかもしれない……。

ゾッとするのを通り越して、腹立たしくさえあります。

そんな憎っくきバイオフィルムは、さっさと除去してしまうのが一番。
その方法は、全然難しくありません。

食器用洗剤では落としきれないほど強靭になってしまったバイオフィルムは、漂白剤を使えば簡単に除去することができます。

食器を使うたびに……とまでの頻度は必要ありません。
1週間に1度ぐらいのインターバルで漂白剤による殺菌をしておけば、 バイオフィルムを形成させることなく食器を清潔な状態に保つことができるんです。



外飼いのワンちゃんの食器も毎回きちんと洗ってほしい

室内飼育の犬に比べると、屋外飼育の犬の食器は毎回洗わないことが多いのではないでしょうか。 仮に洗ったとしても、庭の水道でざっと水でゆすぐ程度かもしれません。

しかし、この状況を続けていたら、バイオフィルムがべったりと貼りついてしまうのは時間の問題。

洗わない食器にはドッグフードの油分などが残るだけでなく、犬の唾液なども付着することにより、細菌の繁殖が激しいからです。

外で飼育している場合、違う器にドッグフードを入れて運び、外に置きっぱなしになっている食器に移し変える、という方法をとっていませんか?

このやり方だと、どうしても外に置いた食器は洗わずに済ましてしまいがちになります。 さらには、犬が食事を全部食べ終わる前に室内に戻ってしまうことも多いのではないでしょうか。

犬が食事をする姿は、その犬の健康状態をそのまま反映しています。

食べている最中の様子を観察することで、歯周病や胃腸の障害など、さまざまな病気の兆候に気づくことができるんです。

どうか、愛犬を屋外飼育している飼い主さんは、食べる姿を最後まで見ていてあげてください。 体調の観察うんぬんは別にして、犬は少しでも飼い主さんのそばにいたい生き物なんです。



衛生管理は飼い主の義務

犬用の食器を殺菌することについて、犬にそこまでする必要はないだとか、神経質になり過ぎだと評する人はいるものです。

しかし、定期的に犬用の食器を漂白剤で消毒することは、神経質でもなんでもありません。

なにかにつけて過保護にしたほうがいいと言っているわけではないんです。 犬の食器に細菌が繁殖しないように消毒することは、衛生上当たり前のこと、ただそれだけです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要