グレインフリーこそが理想のドッグフード?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の体は歯や胃腸のつくりから考えると、基本的には肉食獣に近い生き物であることは間違いありません。

しかし、ライオンやトラのような完全な肉食獣というわけではなく、肉食獣に近い雑食動物と理解するのが一番しっくりくるのではないでしょうか。

しかし、ドッグフードの多くに穀物が使われています。
胃腸の作りが肉食獣に近いということは、本来穀物の消化は苦手なはず。

そして、ここ最近はそういった観点からグレインフリーのドッグフードがクローズアップされるようになりました。



グレインフリーのドッグフードとは

グレインフリーとは穀物不使用という意味です。
ドッグフードの多くにはトウモロコシや米などの穀物が使われていますが、グレインフリーには一切使われていません。

また、プレミアムフードと呼ばれるドッグフードの多くは安価な穀物の代表格であるトウモロコシ、小麦、大豆は不使用で、 その代わりに玄米や大麦、オーツ麦などが使われています。

しかしグレインフリーには当然のことながら、そういったワンランク上の穀物も使われていません。

さらにはグレインフリータイプのドッグフードは動物性たんぱく質――すなわち肉類の割合が大きいことも、特徴のひとつとしてあげられるのではないでしょうか。

要するに、肉食獣寄りの雑食動物であるという、犬の食性に忠実な原材料選びがされているわけです。



犬の食事で穀物が敬遠される理由

粗悪なドッグフードについて語るとき、必ずといっていいほど言われるのが、「安価な穀物を大量に使用している」というフレーズではないでしょうか。

では、そもそもなぜ安価な穀物を大量に使用したドッグフードがダメなのでしょうか。 それは犬の食性とは本来マッチしていない穀物を大量に食べることで、穀物アレルギーを引き起こす可能性が高くなるからです。

犬の体の消化システムに合わないものを食べるのですから、体が拒否したとしても不思議ではありませんよね。

しかし、実際のところすべての穀物がアレルゲンになるとは限らないのですが、どの穀物がアレルゲンなのかを判断することはなかなかに難しいのです。

もちろん、できないわけではありません。
トウモロコシ、小麦、大豆、米……というように、一つずつアレルゲンとしての検査をしていけば、食べても問題のない穀物は見つかるはずなんです。

しかし、それにはかなりの時間と費用がかかってしまうことは間違いありません。

そこで、アレルゲンとして穀物をひとまとめにくくり、それらを使わずに作ったものがグレインフリー――穀物不使用のドッグフードというわけです。



穀物不使用は糖質オフという意味ではない

穀物が使われていないドッグフードと聞いて、糖質制限されているフードと勘違いしてしまう人がいるそうですが、そういうわけではありません。

グレインフリーはあくまでも穀物が使われていないのであって、炭水化物が含まれている原材料がカットされているわけではないのです。

穀物の代わりにサツマイモやジャガイモなどのイモ類や、えんどう豆、グリーンピース、レンズ豆などの豆類が使われていることが多く、 こういった食材にはでんぷんが含まれていますから、炭水化物はしっかりと含まれています。

もしも愛犬に糖質制限をさせたくてグレインフリーを選んでいるとしたら、残念ながらそれはちょっと的が外れていることになるでしょうか。



グレインフリーの販売価格は高め

グレインフリーは、基本的に穀物が使用されたドッグフードに比べると、たんぱく質の含有量が高めに設計されています。 肉食動物寄りの雑食動物という食性に基づいているわけですから、肉類の配合が多くなるのは必然なんですよね。

穀物が使用された成犬用のドッグフードの場合、たんぱく質が22~25%程度の値に設定されていることが多いですが、 グレインフリーは30%~38%とかなりの高い値で作られています。

そして、原材料に品質の良い肉類が多く含まれているということは、当然のことながらコストは高めに。 さらには穀物の代わりに使われている野菜やハーブもコストとしては高めになりますから、販売価格にはそれが反映されています。

いまのところ見たことはありませんが、もしも激安のグレインフリードッグフードがあったら、中身の品質について疑ったほうがいいかもしれません。



たんぱく質が多ければ多いほど良い?

たとえ販売価格が高かろうと、愛犬の健康を考えたら犬の食性にマッチしたグレインフリーを選ぶべき。 そのように考える飼い主さんが増えてきました。

確かにたんぱく質の数値はもちろんのこと、使われている肉の質の良さを見る限り、犬にとって最適なドッグフードであることに間違いないのでしょう。

しかし、すべての犬にとって穀物不使用のドッグフードが体質に合っているかといえば、これがなんとも言えないところなんですよね。

というのも、実際に複数の犬にグレインフリーのドッグフードを食べさせたところ、非常に体調が良くなる犬がいた反面、かえって体調を崩した犬もいたからです。

たんぱく質が多いということは、代謝によって腎臓に負担をかけることにもなりますから、 もともと腎臓の機能が低下していた犬にとっては、かえってマイナス面に作用してしまったのかもしれません。



愛犬の体質に合ったフード選び

人間の食べ物についても同じことが言えますが、いくら体に良いものだといっても、すべての人に合うものなんて、おそらくこの世にはありません。

それは、犬の食事においても同じことです。

大切なのは、どのようなドッグフードが自分の愛犬の体調を一番良い状態で維持できるのかを、飼い主自身の目で確かめることではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要