牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする犬と、しない犬がいるのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬に食べさせてもいいものと、ダメなもの。
愛犬の健康を考えると、気になるところですよね。

とても身近にあるのに、なんとなく犬のご飯に使ってはいけないような気がするものといえば、牛乳ではないでしょうか。

「犬に牛乳をあげたらお腹をこわしてしまった!」そんな話しを聞く一方で、 「うちの犬は毎日牛乳がけご飯を食べていたけど、ゲリもしないで長生きしたよ?」という体験談も実のところは珍しくありません。

こうなると、いいのか悪いのか、どうにも判断がつけにくいですよね。

実際のところ、犬に牛乳を与えてもいいものでしょうか、それともダメなのでしょうか。

もしも与えても問題がないのであれば、牛乳はどこの家庭でも、たいがいは冷蔵庫に入っている常備的な飲料。 調達が楽チンな食材の代表格になりそうなのですが……。



乳糖を分解できるかどうかが判断の分かれ目

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする――。
人間にもそういう体質の人っていますよね。

お腹を緩くしてしまう犯人は、牛乳に含まれている乳糖という成分です。
乳糖というのは糖類の一種で、ブドウ糖とガラクトースという2種類の糖類がくっついてできた二糖類のこと。

この乳糖を分解するためにはラクターゼという酵素が必要です。

ところが牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人や犬の体内では、このラクターゼがきちんと働いていません。

言い換えるなら、牛乳を飲んでもまったくお腹の調子に影響がでない犬の体内では、ラクターゼがきちんと働いているわけです。
「え、じゃあウチの犬は牛乳を飲むとお腹が緩くなるから、ラクターゼが働かない虚弱体質ってこと!?」
などと心配になった飼い主さん。
それは違います。

牛乳を飲んでお腹が緩くなったとしても、それは不健康だからではありません。
実は、生まれて日の浅い母乳だけを飲むような時期には、人も犬も体内ではラクターゼがしっかり働いています。

ところが母乳以外のものを食べるようになる頃から、基本的にラクターゼの力が低下していくのが普通なんですね。 とはいえ、まったく機能しなくなるわけではなく、分解する勢いが弱まる、と考えたほうがわかりやすいでしょうか。

しかし、そこにはどうしたって個体差がでてしまうわけです。

牛乳に含まれている乳糖を分解できる程度に力が残っている犬は、牛乳を飲んでもセーフ。 乳糖を分解するには力が足りないところまで勢いが落ちてしまった犬は、残念ながらアウト。

これが、牛乳を飲むとお腹がごろごろする犬と、しない犬の違いです。



牛乳を飲ませるときに気をつけること

ウチの犬は牛乳を飲ませてもお腹がまったく緩くならないから、 安心してじゃんじゃん飲ませよう!……と気前よくドッグフードにかけてしまうのはよいことではありません。

牛乳はアミノ酸スコアが100、プロテインスコアが85という、とても栄養価の高い食材。 それだけに、犬の食事に取り入れる際にはそれなりの計画性が必要です。

総合食のドッグフードを食べさせている場合、本来ならそれだけで栄養バランスがしっかりと整っているはず。 そこに栄養価の高い牛乳をたくさんかけてしまうと、かえって栄養のバランスを崩してしまう可能性があるわけです。

また、いくら牛乳を飲ませても愛犬のお腹がゆるまないからといって、毎日のようにかけてしまうのは考え物。 なぜなら、ラクターゼが分解できる乳糖の量をいつ超えてしまうともわからないからです。

結論として、牛乳を飲んでもお腹の調子を崩さない犬であっても、牛乳は時々飲ませる程度が一番良い、ということになるのではないでしょうか。

これは牛乳に限ったことではありません。
どんなに栄養豊富な食材も、たくさん食べさせればいいというわけではないのです。



安全第一でいくなら、乳糖の少ないミルクを

愛犬の健康を考えたら、より安全なほうを選択するということは、実はとても大切なことなのかもしれません。

牛乳を与えるときは、水で薄めるようにする。
いっそのこと乳糖が0%に調整された牛乳を選ぶ。

こういった飼い主の気遣いが、愛犬の末永い健康を守るのではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要