犬用関節サプリメントのおすすめは? 獣医もお勧めの製品をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、犬の動作が遅くなった、また突然転んだり、なんとなく歩きにくそうにしている事がある・・ なんてことありませんか?

もしそんな症状が飼い犬に見られたら、ひょっとすると関節を痛めているかもしれません。

足腰が丈夫そうにみえる犬ですが、実はそれほど強くはありません。
ちょっとした動作で脱臼してしまったり、高い所から飛び降りた拍子に関節を痛めてしまったり、 老化や肥満などから関節炎になってしまう場合も多くあります。

今回は、そんな飼い犬の関節トラブルを防ぐ基礎知識や、 関節の健康を維持するために必要な成分を補えるサプリメントをご紹介したいと思います。



室内は犬にとって関節のトラブルが起きやすい環境

最近は室内飼いのワンちゃんも増えましたが、そういった環境の変化に合わせて、 犬の関節トラブルが増えています。

部屋に設置してある家具の上から飛びおりて怪我をするケースは後を絶ちませんし、 フローリングを走り回る事でうっかり滑ってしまい、関節を傷めたり脱臼してしまったりなんてことも比較的多いです。

特にソファや階段など、犬が飛び乗ることができるくらいの段差があるお宅は注意が必要。 段差に加えて滑りやすいフローリングの組み合わせがある場合、怪我をする確率はさらに高まります。

ケガをしなくとも上記の環境は犬にとって活動しにくく、関節には大きな負担がかかります。 犬が肥満気味だったり、高齢の場合はさらにトラブルが起きやすくなるため、特に注意が必要です。



室内でよくある犬の関節トラブル

室内で起こりやすい犬の関節関連のトラブルには、以下のようなものがあります。
・脱臼
・骨折やヒビ
・椎間板ヘルニア
・靭帯損傷や断裂(脱臼時など)
ダントツで多いのが、フロ―リングでの怪我です。
怪我をしていても気づかず、悪化させてから慌てて病院へ走るという例も少なくないようです。

フローリングの場合はマットを敷いたりするだけでも、犬の足にとっては負担が随分と違ってきます。 マットを敷くのが難しい場合は、滑り難くするフロアコーティングなどを施すようにすると良いでしょう。

また、普段から関節の健康を保つために必要な栄養を、積極的に摂るようにしてください。
例えば筋肉を維持するためのタンパク質や、軟骨の元となる栄養成分を摂れるような食事やサプリメントを与えるのが理想的です。

食事だけで十分な栄養を摂るのは難しいため、 毎回の食事に、サプリメントを組みあわせるのがおすすめだと言えるでしょう。



犬用の関節用のサプリメントはいつから与える?

関節に負担をかけるような生活をずっと送っていると、 そうでない犬に比べて関節炎などのトラブルを起こしやすくなります。

犬の脚に負担をかけない環境づくりを心掛けることはもちろんですが、 老化のきざしが見え始める年齢にさしかかってきたら、関節用のサプリメントを与えるようにすると良いでしょう。

犬種にもよりますが、5~6歳くらいからがシニア世代、8~11歳くらいを高齢犬とみなす事が多く、 シニア世代に差しかかってきたくらいが、サプリメントをはじめる適当な年齢です。

中には犬にサプリメントなんて、と思われる方もいるかもしれませんが、 関節炎などで獣医さんにかかっている場合、治療の補助としてサプリメントを使う例は多いです。

また関節炎などの異常がなかったとしても、関節トラブルの予防として利用されている飼い主さんは沢山おられます。

成分は製品によって多少差はありますが、 犬用の関節サプリメントには、主に以下のような成分が含まれている事が多いようです。
コンドロイチン (軟骨の健康維持)
グルコサミン (軟骨の健康維持)
オメガ-3脂肪酸 (炎症を起こしたときの進行を抑える)
ビタミンC、E、βカロチン (抗酸化成分)
中でも、コンドロイチンやグルコサミンは殆どのサプリメントに含まれています。

粉末タイプ、チュアブルタイプなど様々な種類がありますので、飼い犬に摂取しやすそうなタイプの関節サプリメントを選ぶと良いでしょう。



おすすめの犬用関節サプリメントは?

犬に関節サプリメントを与えてみたいけれど、何を選んだら良いのかわからないという方向けに、 おすすめのサプリメントをご紹介いたします。

毎日散歩

犬の関節や軟骨の健康を考えた、関節サプリメント。

主にコンドロイチンやグルコサミン、2型コラーゲンに加え、 アミノ酸の1種であるイミダゾールペプチド、軟骨成分のプロテオグリカン、ビタミンD、ビール酵母等の成分を配合。

体内での相乗効果を考えた成分の配合を採用しています。

香料や着色料、保存量、化学調味料などを使わない無添加であることに加えて、 GMP認定国内工場で製造していること、またチキン味で犬に食べやすい味付けがされている点など魅力の多いサプリです。

コンドロイチン等の関節サプリメントは、価格が安くないものが多いのですが、 本製品には1か月分のお試し購入品が用意されており、初めての方のみ安く試せる所が良心的です。


コセクインDS

世界15ヶ国以上で販売されている、犬用の関節健康補助食品。
獣医師がおすすめする関節健康補助食品No.1にも選ばれている製品です。

主に純度100%の低分子量コンドロイチン、純度99%のグルコサミンなど吸収しやすい成分に加え、軟骨造成の働きをサポートするマンガンを配合。

GMPに基づいて製造されるなど、品質や安全性にも信頼のおけるサプリメントです。
チキンフレーバーで犬に与えやすい点もポイント。

もう1つ、コセクインDS と並んで「 グリコフレックス 」という製品も、多くの飼い主さんの間で人気が高く、おすすめでです。



以上となります。

関節用のサプリメントは沢山出回っていますが、 もともとコンドロイチンやグルコサミンは胃腸での吸収力や利用率が悪く、 中には摂ってもあまり意味がなさそうな製品も存在します。

サプリメントを選ぶ場合はできるだけ体に吸収されやすいこと、また体内での相乗効果を考えた配合のサプリメントがお勧めだといえるでしょう。

参考にしていただけますと幸いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。




Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要