愛犬の気になる下痢・軟便 原因と対処法をわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飼い犬のウンチがいつもより柔らかい・・なんてこと、犬を飼っていらっしゃる方なら誰でも経験があるのではないかと思います。

食事の内容によって便の状態は変化しますので、多少の変化は珍しくはありませんが、 餌を変えていないのに軟便の状態が続いたり、下痢が続くと心配です。

今回は犬が下痢や軟便になる原因と、その対処法についてお話ししたいと思います。



犬の軟便とは?

軟便とは、通常よりも便が柔らかい状態を指します。
先にも述べたように、餌の内容によって便は固くも柔らかくもなりますので、多少柔らかい程度でしたら問題ありません。

具体的には適度に固く、またまとまりのあるものが健康な犬の便だと言えるでしょう。
便に含まれる水分が明らかに多かったり、つかめないくらいの柔らかさだとお腹が緩んでいると考えられますし、 含まれる水分が多くなると下痢になります。

軟便は消化不良や水のとりすぎなどで起こることもありますし、餌を変えた場合などにも便の状態は変わりやすいです。

餌を変えてお腹が緩くなったのなら、餌を元の内容に戻せば、大抵の場合は便の状態も戻ります。

しかし、いつもと同じものを食べているのに急に便の状態が変わった場合は、注意が必要。 体調不良や病気、ストレスなどが原因かもしれません。

血便や出血はないでしょうか?またゼリーのような便が混じっていませんか?

一口に軟便や下痢といっても、原因によって対処法は変わってきますので、 餌を変えても便の異常が長く続くようなら、獣医さんに相談することをおすすめいたします。



軟便や下痢が起こる主な原因

犬が軟便や下痢になってしまう原因としては、以下のようなものが上げられます。
・餌があっていない、もしくは餌の内容が変わりお腹がびっくりしている
・胃腸が弱い(生まれつきの体質)
・寄生虫
・ウイルスや細菌によるもの
・病気(胃炎や腸炎など)
・ストレス
犬に軟便や下痢が見られたら、まず餌の内容を疑います。

餌の内容を大幅に変えた場合は(いままで食べさせたことのないものを与えるなど)、まず原因となっている餌を取り除いて様子をみましょう。 胃腸の弱い犬は、餌の内容がいつもと少し違うだけでお腹がゆるくなってしまうこともあります。

餌を変えていない場合は、体調が悪く消化不良を起こしていないか、水は摂り過ぎていないかなどをチェックします。

同時に、ストレスを受けていないかも考えてください。
いつもと違う環境に置かれるなど、飼い主からみればちょっとした事であってもストレスを感じてしまう犬はいます。

餌やストレスが下痢や軟便の原因となっている場合は、その原因を取り除くことで比較的早いうちに、便に変化がみられると思います。

注意しなくてはならないのは、病気です。
寄生虫やウイルス、細菌感染による場合もありますし、腸炎や腫瘍などによって軟便や下痢が引き起こされている場合もあります。

犬の便がいつもと違うな?と思ったら、便の状態をよく観察して下さい。
もし血便などが混じる状態が続いたら、できるだけ早いうちにお医者様に見ていただいた方が良いでしょう。



餌が原因の軟便の対処法

犬の餌を変えたあとに軟便や下痢が見られたら、餌の内容を見直しましょう。

手作り食の場合、急に肉や野菜の割合を変えていませんか?
また新しいドッグフードを与えた場合にも、おなかが緩む事があります。

野菜や穀物の割合が高い

犬はもともと穀物や野菜(特に繊維質な野菜)の消化を苦手としており、 例えば野菜の刻み方が足りなかったり、固い繊維が原因でお腹を壊す事があります。

野菜を与える際は柔らかく煮込んだり、生で食べさせたい場合は細かく刻む、粉砕するなどの工夫が必要です。

動物性たんぱく質の割合が高い

餌に含まれる動物性たんぱく質の割合が高すぎる場合も、消化不良を起こしやすいです。

犬は肉食動物に近い食性があると言われますが、今まで肉の多い食事をしてこなかったのなら、 急に肉類の割合を増やすとおなかを壊します。

最近は、ドッグフードでも肉類の割合を高めたものが増えていますが、 そのようなフードを与える場合は、これまでのフードとあわせながら少しずつ量を増やしていった方が良いでしょう。

もともと胃腸が弱い

もともと胃腸が弱い犬は、ちょっとした事で便が緩くなりやすいです。
大幅に餌の内容を変えていなかったとしても、便が硬くなったり柔らかくなったりする事もあります。

胃腸が弱い犬の飼い主さんの中には、乳酸菌や消化酵素などが含まれるサプリメントを餌に混ぜ込まれる方もいるようです。

余計な添加物を含むサプリメントは良くありませんが、乳酸菌や消化酵素の摂取は、 胃腸が弱い犬はもちろんですがそうではない犬にもおすすめです。

特に加熱食が多いワンちゃんは酵素が不足しがちである為、食物酵素の摂取は良いと思います。

ただしそのようなサプリメントを選ぶ際は、ちゃんと腸に菌が届くものか、胃酸で酵素が活性を失ってしまわないかなどを考慮してください。

高すぎるものは継続しにくいという点でお勧めしませんが(続けなくては意味がないので)、 余りに安すぎるものは添加物が多く使われていたり、菌が死滅してしまうなど摂る意味のないものもありますので注意が必要です。
酵素や乳酸菌・・といっても様々な製品が存在しますが、 例えば以下のような製品が内容的にも安心して与えられ、価格面でも続けやすいと思います。

ペットサプリメント「毎日爽快」(乳酸菌、植物酵素)

消化力をサポートする植物酵素と、生きて腸まで届く乳酸菌を配合した、 ペット用の乳酸菌サプリメント。

愛犬の健康を考え、保存料や香料、着色料、化学調味料は一切不使用であるなど、 成分にこだわりのある飼い主さんにも納得いただける内容の製品です。

お値段がお手頃なところも魅力ですね。

まずは合うか合わないか確かめたいという 飼い主さん向けにおためし商品も提供しており、安心して試せます。



軟便や下痢ではないけれど、便が臭い

軟便や下痢ではないけれど常に便秘だったり、便やおならが何だか臭い・・という場合も、 あまり腸が良い環境ではないことが考えられるため、餌を見直した方が良いでしょう。

人間だって食べ物が悪いと腸の状態が悪くなりやすいですよね。
腸の状態が悪い人は体調があまりよくない人が多いですし、肌も荒れやすくなります。

犬の体にだって同じ事が言えるんです。

軟便や下痢よりも緊急性が低いため、上記のような症状があっても放っておかれがちですが、 便の状態は犬の健康状態を示すものです。

腸内環境をよくできるように肉や野菜の割合を変えてみたり、消化しやすいよう形状を工夫してみたり、 また乳酸菌やオリゴ糖などが入ったサプリメントを与えるのも良いでしょう。

人間の薬であるビオフェルミンを与えているという方もおられるようですが、 あくまでも人間用に作られたものであるため、犬の体には合わない可能性がありお勧めしません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。




Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要