犬はサツマイモやカボチャが大好き!でもやっぱり基本はほぼ肉食なんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬といえば「肉が大好物」というイメージがありますよね。

もちろん、犬は肉や骨が大好きな生き物です。
犬のご先祖様はオオカミですから、なにも不思議なことはありませんよね。

しかし、犬は意外なほどに野菜やイモ類、果物なども喜んで食べてしまいます。

実はオオカミも完全な肉食獣というわけではないのだとか。
食性からみればほとんど肉食獣ではあるけれど、少しは木の実なども食べていることが、排泄物などを調査して判明しています。



サツマイモやカボチャは犬にもおすすめの食材

キュウリでも白菜の芯でも、犬は比較的なんでも食べてしまいます。
おそらくは味わっているわけではなく、口に入れてガリガリと噛み、飲み込む行為が好きだからなのでしょう。

しかし甘味のない野菜より、甘い味のするイモ類や果物ほうが、より喜んで食べるのは間違いありません。

というわけで、愛犬の健康を考えて野菜をオヤツにする場合は、消化に悪い生のキュウリやニンジンより、加熱したサツマイモやカボチャが断然おすすめです。

いくら加熱してあるとはいえ、サツマイモやカボチャを犬に食べさせてもいいの!?と不安になるかもしれませんが、結論から言えば大丈夫!

サツマイモやカボチャにはいろいろな種類のビタミンやミネラルが含まれているだけでなく、 食物繊維も豊富なため、食べた後はちょうど良い固さの糞になることが多いのです。

普段、便が柔らかくなりがちな子だったら、お腹の調子を整えるために、少量のサツマイモやカボチャを利用するのも良いかもしれません。



サツマイモやカボチャを犬にあげるときに注意すること

サツマイモとカボチャには糖分が多く含まれていますから、食べさせすぎは厳禁です。

ところが、味を占めた犬の多くが「もっとちょうだい、もっとちょうだい」と、いくらでも欲しがってくるものだから困りもの。 そうなると、ついついあともう1個だけ……と甘やかしたくなるのが人情なのかもしれません。

しかし、そんなことを続けていたら、食事のバランスを崩してしまうのは目に見えています。

どんなに体に良いオヤツだろうと、犬にとっての最適な栄養バランスを崩すことになれば、元も子もありませんよね。

それから、食べさせるときの大きさにも注意が必要です。

一口大の小さなブロックにしたつもりでも、犬は基本的になんでもすぐに丸呑みにしようとしますから、のどにつまらせてしまうかもしれません。

のどに詰まらないように柔らかくなるまでしっかりと加熱し、一口大のさらに半分ぐらいの大きさにして食べさせたほうが安全です。

また、食べさせるときには必ず飼い主さんがそばにいて、食べ終わるまで見ていてあげてください。



あくまでも、犬の食性は肉食獣寄りの雑食動物

サツマイモやカボチャを犬の食材にするうえで、絶対に忘れてほしくないことがあります。

それは、犬の食性が本来は肉食獣寄りの雑食であることです。
サツマイモやカボチャを大喜びして食べている姿を見ていると、肉食獣の部分が薄れてしまい、雑食性が強い動物に思えてしまうかもしれません。

しかし、歯の形状や胃腸の仕組みなどから考えると、犬はやはり肉食獣寄りの生き物です。
いくらサツマイモやカボチャが栄養満点でも、犬の胃腸では効率良く栄養を吸収することは難しいのです。

それに、食物繊維が豊富で良い便をしやすくなるとはいえ、食べ過ぎれば過剰な食物繊維が胃腸に負担をかけることになり、 お腹の調子を整えるどころか、逆にお腹の不調の原因になってしまうかもしれません。

犬は雑食のように見えても本来は肉食獣寄りの体をしている――。
このことは、犬に食べさせるものを考えるうえで、絶対に忘れてはいけない基本中の基本なのです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要