犬に必要なたんぱく質は動物性 ドッグフードを選ぶ際に意識したいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の体は肉食動物に近い――。
そう聞いても、「でも、うちの犬はご飯もパンも野菜も大好物なのに」と疑問に思ったりしませんか?

では実際のところはどうかといえば、犬のご先祖様はオオカミ。
つまりは、本来はほぼ肉食動物のはずなんです。

ところが、さかのぼれば3万年にものぼる人間との共生生活が、犬をかなり雑食に近づけたことは間違いありません。

とはいえ――。
犬の体の構造だけを見ると、やはり肉食動物としての特徴が強くでています。

ためしに、犬の口の中をのぞいてみてください。奥歯がギザギザと山脈のような形をしていますよね。 これは、肉をひきさくための形状。私たち人間のように、食物をすりつぶすための平らな奥歯は1本も生えていません。

それに、腸の長さが短いことからも、やっぱり犬は肉食動物に近いといえます。
消化に時間がかかる植物を食べるための長い腸は持っていません。

でも、トラやライオンのような、真性の肉食獣に比べると腸は多少なりとも長いわけで……。

というわけで、犬の食性は肉食動物寄りの雑食
この表現が一番ぴったりくるのではないでしょうか。



植物性たんぱく質では必須アミノ酸が足りない

犬が肉食動物寄りの雑食である以上、やはり一番重要な栄養素はたんぱく質であることは間違いありません。 それも、肉類が原材料となる動物性のたんぱく質です。

同じたんぱく質でも植物性では、犬が体を維持するために必要な、必須アミノ酸が足りません。 犬の食性が肉食動物に近いことを考えたら、これはある意味当たり前の話しです。

ところが、すべてのドッグフードがこの基本を踏まえているかといえば、残念ながらそうではありません。

どう見ても、犬の胃腸が消化を苦手としている植物性の原材料――すなわち、穀物が大量に使われているものが数多く出回っているのです。



たんぱく質の数値にだまされないで!

たんぱく質の数値が高いドッグフードを選んだつもりだったのに、原材料をよく見たら小麦や大豆などが大量に使われていた……。 これは、残念ながらよくある話しです。

確かに、栄養素としては植物性だろうとたんぱく質に変わりありません。
そう意味では数値にウソがあるわけではないのでしょう。

しかし、犬の体にとって有効なたんぱく質ではないのなら、そんなドッグフードに意味があるのでしょうか?

そもそも、なぜドッグフードに小麦やら大豆やらが大量に使われているのかといえば、肉類を大量に使うよりも製造原価をおさえることができるからです。

メーカーは安い原材料で作ればそれだけ利益があげられますし、販売価格も低く設定することができますよね。要するに、大量に製造して大量に販売するための手段です。



穀物だらけのドッグフードになっちゃった!?

販売価格の安いドッグフードの多くに、トウモロコシが大量に使われています。
トウモロコシから摂取できる栄養素の代表といえば炭水化物ですよね。犬も、炭水化物から栄養を摂取することはできます。

ただし、動物性たんぱく質、脂質に次いで3番目というポジションではありますが。

人間に必要な栄養素の順番はたんぱく質、そして次に炭水化物ですから、この時点ですでに犬と人間の食性に違いがあることがわかります。

ちなみに、トウモロコシも安価な穀物の代表格。
たとえばたんぱく質の原材料として小麦と大豆、そして炭水化物にトウモロコシを使ったドッグフードだとしたら、 成分値だけを見ればたんぱく質○○%、炭水化物○○%となるわけですが、実際は穀物だらけということになります。

こんな組み合わせのドッグフードが、犬の体に良いわけがありません。
そして残念なことに、こういった粗悪なドッグフードが世の中には実際に出回っているのです。

もちろん、穀物オンリーというわけではありません。
原材料の中には肉類も含まれています。

ただし、こういった穀物まみれのドッグフードを作るメーカーが、質の良い肉類を原材料に使うとは到底思えませんよね。



犬が食べるものを選べるのは飼い主だけ

犬は、飼い主が選んだものしか食べることが許されていません。
つまり、安全性や品質は100%飼い主の手にゆだねられているのです。

大切な愛犬の体は、飼い主が選んだものから作られている――。
これは、すべての飼い主が忘れてはいけないことではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要