犬の手作りご飯に野菜を加えるときは、消化がよくなる一手間が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の食事は動物性たんぱく質――すなわち肉類が一番大事。
だったら、お肉の塊をポンと与えておけばいいのかといえば、もちろんそんなわけがありません。

犬にとっての五大栄養素は、1日に摂取する食事のエネルギーに占める割合順に並べると、動物性たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルです。

ちなみに人間の場合はたんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラル。
必要とされる割合が違うだけで、バランスの良い栄養が大切であることは、私たち人間となんら変わりありません。

いくら犬が肉食獣寄りの雑食だからといって、毎日のように鶏のササミや牛の赤身しか食べていなかったら、ビタミンやミネラルが不足するのは目に見えているんです。



犬の食事を手作りするときに大切なこと

市販のドッグフードは、この栄養バランスの部分が最初から整えられているからこそ、飼い主さんにとってはお手軽なんですよね。

袋からだしてお皿に盛るだけで、犬の体に最適な食事が用意できてしまうのです。
こんな便利なものはありません。

犬の手作り食に初めて挑戦する場合、この栄養バランスを整える部分が、慣れるまでは難しいと感じてしまうのではないでしょうか。

しかし、私たち人間についていえば、常に栄養バランスがパーフェクトな食事をしているわけではありませんよね。 もちろんそういう人もいるとは思いますが、たいていの場合はそこまで完璧とはいえないはずです。

それでも、できるだけ栄養のバランスを考えた食事をとろうとする人と、栄養が偏った食事を続けても気にしない人とでは、おそらく健康に差がでてくるはず。

犬の食事だって、きっと同じです。

犬の食事を手作りするときも、栄養バランスが整うように原材料を調達することは、もちろん大事。 しかし、そこにばかり気をとられる必要はないのです。

それより、原材料としてそろえた食材の栄養素が、きちんと犬の体に摂取できる形に調理できているか。まずはそこに注目してみてください。



犬の腸では植物(野菜)のセルロースを壊せない

ビタミンやミネラルを摂取するためにも、犬の食事に適量の野菜は必要です。
しかし、人間が生野菜サラダをバリバリ食べるような感覚で加えても、犬の体はほとんどその栄養を吸収することができません。

それというのも、野菜を含めて植物には細胞の中にセルロースという、とても固い細胞壁が存在するから。 この壁を壊さないかぎり、中身の栄養を吸収することができないのです。

ところが、この壁が犬にとってはかなりの難敵。
犬は体の構造上、歯で植物をすりつぶすことができません。

また、犬の腸の長さでは、通過する間にセルロースに守られた栄養を吸収することもできないんです。

草食動物の腸が長いのは、この城壁のようなセルロースで守られた植物の栄養を、時間をかけてじっくりと吸収するため。

もちろん、その間には腸内で微生物の力を借りてセルロースを発酵させたりと、いろいろな処理をしているわけですが、犬の腸にそんな働きはありません。



野菜は消化がしやすいように一手間を加える

犬の手作り食に野菜を加えるときは、必ずセルロースを壊す処理が必要です。
具体的には煮たり蒸したりというように加熱処理を加えてから、さらにすりつぶすのがおすすめ。

キャベツの芯やニンジン、キュウリなどは、野菜スティックのように生のままでもポリポリ噛んでおいしそうに食べますが、残念ながらそれでは栄養はほとんど吸収されないのです。

それどころか、消化を苦手としている野菜の塊が胃腸を通過することで、嘔吐やゲリの原因になるかもしれません。

セルロースを壊す処理としては細かく刻む方法もありますが、やはりなんといってもすりつぶすのが一番。 より消化がしやすくなりますから、結果としてお腹にも優しくなるのです。

でも、せっかくなら生で食べさせて酵素を摂取させたい――。
そんなときも、加熱処理はしないまでも、できるだけすりおろしたり、すりつぶすほうがいいのです。



なんのために手作り食にするのかを忘れないで

犬の手作り食を続けていると、つい見栄えなどにこだわってしまい、人間用のご飯と見間違うような出来になることも珍しくありません。

それが悪いわけではありませんが、もしも犬にとって消化に良い形から外れてしまっていたら、それでは本末転倒というもの。

そもそも、なぜ手作り食にしようと考えたのか、そのことを忘れずにいることが大切なのではないでしょうか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要