ビーフを選んだはずが、原材料にはチキンが使われている不思議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬にとって一番大切な栄養素は動物性たんぱく質です。
それを裏付けるように、ドッグフードの多くは「チキン」「ビーフ」「ラム」「フィッシュ」といった具合に、どんな種類のお肉が使われているのかが、袋のわかりやすい位置に記載されていますよね。

袋の表面に「ビーフ」と記載されていたら、そのドッグフードには動物性たんぱく質の原材料として牛肉が使用されている、と考えるのが普通ではないでしょうか。

「チキン」だったら鶏肉だし、「ラム」だったら羊の肉、「フィッシュ」だったらなんらかの魚肉が使われていると判断しても、なにもおかしくはありませんよね。

しかし、よくよく原材料の欄を見てみてみると、「あれ!?」ということも。

袋の表面には確かに「ビーフ」の文字が記載されているのに、原材料の欄には肉類(ビーフ、チキンなど)といった記載がされている製品があるのです。

これって、いったいどういうことなのでしょうか。



ビーフ味もビーフ入りも、ビーフ以外の肉が入っている可能性が大!

「ビーフ味」「ビーフ入り」という記載がされているドッグフードには、ほとんどの場合が肉類には牛肉以外も含まれています。

もちろんビーフも使われていますから、ビーフ味もビーフ入りという記載もウソではない、ということになるのでしょう。

こういった○○味とか○○入りという表現がされているドッグフードの多くは、販売価格が安価。

そこから考えても、原材料のコストをおさえつつ、消費者にはビーフだと思わせたいメーカーの思惑が透けて見えるような気がしてきます。

では、○○味、○○入りという表現のものを避けさえすれば、問題はクリアできるのでしょうか。

ところが残念ながら、そうでもありません。
世界的に有名なメーカーのドッグフードでラインナップ名に「チキン」とあっても、原材料の欄を確認すると「肉類(チキン、ターキー)」と書かれていたりします。

ターキーも鳥には変わりないのだし、鶏肉より単価が高そうだから別にいいのでは?という好意的な見方ができないわけではありませんが、本当にそれでいいのでしょうか。

たとえば、鶏肉にプラスしてターキー(七面鳥)の本来なら捨てるような部位が入っていたとしても、肉類(チキン、ターキー)と記載できてしまうわけですよね。

そもそも、ちゃんとターキーの良い肉が使われているなら、ターキーが使われていることをもっと前面に押し出してもよさそうなものだと思いませんか?

少なくとも、良質の七面鳥肉を使用しているプレミアムフードは、ちゃんと「七面鳥」と表面の見やすい位置に記載してあります。

それに、もしもワンちゃんがターキーアレルギーだったらどうするのでしょうか。

これは、ビーフ味のドッグフードにチキンが使われている場合も同じです。
チキンにアレルギーがあるからビーフを選んだつもりなのに、原材料にチキンが含まれていたら意味がありませんよね。



大事な情報はすべてドッグフードの表面以外に記載されている

ドッグフードのメーカーに騙された!と腹を立てる必要はありません。
自分の目でちゃんと原材料の欄をチェックすれば済む話しです。

ドッグフードの裏面などに記載されている原材料の欄は、含まれている割合の多いものから順に記載されています。

トウモロコシ、ふすま、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦粉、コーングルテンミール、肉類(ビーフ粉、チキンミール、チキンレバー粉) ……などと記載されていたら、そのドッグフードは穀物が山ほど使われていて、肉類の量は穀物に比べるとかなり少量であり、しかもあまり質が良いものではない。

と読み取ることができます。

メーカーのうたい文句に躍らせられるのではなく、自分の目で確認する。
それが愛犬の健康を守ることにつながるのは、間違いありません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトがおすすめするドッグフード
目的別にドッグフードをご紹介しています。

特に食材の質などにこだわりがあるもの、実際に使ってよかったもののみを載せるようにしていますが、 良いといわれるものでも犬の体質によってはあわないことがあります。

お試し品が提供されているフードもありますので、まずはそちらからお試しするのが安心です。


グレインフリー・ドッグフードが良いと言われる理由をご存知ですか?

犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

穀物は犬にとっては消化がしづらく、食性にはあわない食べ物です。 そんな穀物をできるだけ使わないフードのことを、グレインフリー・ドッグフードと呼びます。

食材の品質や無添加にこだわった製品が多く、 犬の安心・安全を真剣に考える飼い主さんにはこれ以上にないフードだといえるでしょう。

記事では、グレインフリー・ドッグフードの特徴や、おすすめの製品について解説しています。

非常に貴重!ドライタイプの馬肉ドッグフード

ドライフード派に!馬肉の高品質ドッグフード 「馬肉自然づくり」を試してみませんか

生馬肉ではなく、馬肉のドライフードがあれば・・という飼い主さん向けのフード。

ヒューマングレードの食材の使用や添加物不使用など、犬の飼い主さんに自信を持っておすすめできるフードです。

お試し品あり。


療法食は添加物が多い・・なんてお悩みの飼い主さんに

愛犬の療法食、満足していますか? お試し無料!7疾患をケアできる無添加ドッグフード「犬心」を試してみよう

市販の療法食には添加物が多く配合されており、愛犬に与えるのには抵抗がある飼い主さんも少なくはありません。

そんな方におすすめできるのが、「犬心」と呼ばれる無添加の療法食。

お試し品が提供されていますので、まずはそちらで試してみましょう。


犬の体に優しいローフード 生馬肉を与えてみませんか?

犬に生の馬肉? 実は犬の体にはとっても優しい食材(ローフード)なんです

馬肉は低脂肪、高タンパク、低カロリー、かつ犬の食性にもあう食材ですが、犬用生馬肉には粗悪なものも存在します。

記事では、犬に馬肉を与えるメリットと、「鮮度」「質」にこだわった犬用馬肉をご紹介しています。



関連記事


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要