犬の健康を本当に考えたグレインフリー・ドッグフード選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬は本来、穀物の消化が苦手。
食べられないわけではありませんが、肉食獣に近い動物である犬の食性にはあっておらず、消化器官に負担をかけます。

しかし残念なことに、市場に出回る多くのドッグフードには、安価な穀物が大量に使用されています。 そしてそういったドッグフードの現状を知らずに、低品質なフードを愛犬に与えてしまっている飼い主さんはとても多いです。

今回は、市販されている多くのドッグフードの現状と、犬の体に合ったドッグフードを選びについてお話いたします。



なぜ、穀物がドッグフードに使用される?

なぜ、犬の食性には合わないと思われる、穀物をメインにしたドッグフードが数多く出回っているのでしょうか?

その理由は明白です。

安価な穀物をドッグフードのメイン食材に利用すれば製造コストを抑えられますし、材料の調達が簡単であるため、 大量生産が可能になるからです。

最近は犬を家族同様と考え、犬の食べ物の質にこだわる飼い主さんも増えましたが、それでも安いドッグフードは良く売れます。

逆に、犬の食性にあった動物性のたんぱく質、いわゆるお肉をメインに利用すれば、当然ながらコストは跳ね上がりますし、原材料の質にこだわるのならなおのこと。

毎日犬に食べさせるものである事を考えると、飼い主さんの負担は小さくはないため、 ついつい価格重視になってしまっている方が少なくないのだと思います。



穀物メインの安価なドッグフードには、犬の体には良くないものが含まれている

安価な穀物を利用したドッグフードが犬に良くないと言われるのは、1つにはアレルギーを起こしやすいという理由があります。

消化しにくい穀物が沢山配合されているのですから、当然ともいえるかもしれません。

もう1つの問題点は、沢山の添加物や、4Dミートと呼ばれるよくわからない材料が使われているかもしれないということ。

ほぼ例外なく、安物のドッグフードには添加物が沢山使われていると考えて良いでしょう。 フードの原材料欄を見れば、添加物の有無はすぐにわかります。

あと粗悪な製品では、人が口にできないようなレベルの肉が使用されていることもあります。 その内容を知ったら、殆どの飼い主さんは驚愕するはず。

穀物云々よりも、これらの材料の方が犬の健康に害となる可能性は高いといえるかもしれません。

上記のような現状より、最近では素材の質に徹底的にこだわった無添加ドッグフードや、グレインフリーのドッグフードが犬の飼い主さんに注目されています。

価格は高いかもしれませんが、犬が健康でいられるのなら、その価値は十分にあるでしょう。



犬の健康を考えたドッグフード おすすめは?

出来るだけ犬に良いものを食べさせたい、という飼い主さんは多いと思います。

最近は、無添加ドッグフードやグレインフリードッグフードが注目されるようになったということもあり 以前よりもずっと手に入りやすくなりました。

しかし一方で、数が増えたためにどれを選んだら良いのかわからないという方もおられることと思います。

というわけでここでは、今人気の高い無添加ドッグフード、グレインフリードッグフードの中より、 品質の割には価格がそこそこ手頃で、なおかつ犬に食べさせても良いと思えるドッグフードをセレクトしてみました。

単に無添加だから、グレインフリーだからというだけで選ぶのではなく、 それぞれのフードに特徴があるため、犬に体質に合いそうなものを選ぶようにしてください。

カナガン

イギリスから直輸入された、チキンをベースとするグレインフリーのドッグフード。

動物性原材料は全体量の60%、残りにはサツマイモなどの野菜やハーブをミックスしています。

犬の体に合わない穀物をはじめ、合成保存料などの添加物は不使用、人間が口にできる新鮮かつ高品質な素材を使用。

国際規格「SAI GLOBAL」クラスAを取得した工場で製造しています。

肉と炭水化物のバランスがよく、多くの犬に食べさせやすい高品質なフードです。チキンアレルギーなどがなければ、これを選ぶと良いでしょう。全犬種、全ライフステージに対応しています。

なお、イギリスから直輸入のフード?と思われた方もおられるかもしれません。

食べる物に関して、国産に拘る人は少なくありませんが、人間が食べる食材ならばともかく、 ペットフードに関しては、法律がきっちりとしており認証団体も多い「海外製」が個人的にはおすすめです。 (※もちろん、国産のドッグフードにも良いものはあります)


アランズ ナチュラルドッグフード

イギリス産の生ラム肉を全体量の55%以上使用した、人口添加物などを使わない100%天然素材のグレインフリー・ドッグフード。

シンプルな配合のフードであるため、アレルギーがある犬も安心。チキンや牛肉アレルギーの犬にも向いています。

脂肪分にはオメガ3やオメガ6を含む亜麻仁油を配合

アレルギー源になりやすい食材は配合せず、人間が口にできるレベルの原材料のみを使用した高品質フードです。

国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得する、GAペットフードパートナーズ社の工場で製造。

全犬種、全ライフステージに対応しています。


ネルソンズ

新鮮なチキンをベースとする、イギリス産のグレインフリー・ドッグフード。

人口添加物や着色料、保存料などをはじめ、穀物は一切使用していません。また原材料は全てヒューマングレード。

肉以外にはサツマイモや豆類、サーモンオイル、ハーブ類に加え、 腸内環境をサポートするオリゴ糖や、関節サポートに向くグルコサミン、コンドロイチン等を配合しており、 関節が気になる小型犬に与えるのにも向いています。

全犬種、7カ月~7歳まで対応。




たんぱく質が多ければ多いほど良いわけではない

犬は肉を主食とする生き物。

そう聞いて、ドッグフードに含まれる肉の割合が多いほど良いようなイメージをお持ちの方もおられるようですが、 たんぱく質が多いほど良いフードというわけではありません。

もちろん、グレインフリーと呼ばれるドッグフードが犬にとって高品質な食べ物であることには変わりないのですが、 犬の体質によっては合わない場合もあるのです。

例えば、腎臓の機能が低下している犬に与えるのは、慎重になった方が良いでしょう。

過度なたんぱく質の摂取は腎臓に負担をかけますから、そういった犬が肉の割合が多いフードを沢山食べれば、具合が悪くなるのは当然だともいえます。

高品質のたんぱく質なら腎臓に問題があっても大丈夫、なんて書かれているのをどこかで見かけたことがありますが、 代謝の過程でかならず腎臓に負担はかかります。たんぱく質の品質云々は関係ありません。

無駄な添加物などがない分、身体への負担は減るという考え方はできますが、 量を食べればそれだけ負担がかかります。

身体に問題がある犬は、各病気にあわせて作られた療法食 を用いるのが無難だといえるでしょう。

療法食は栄養素の配合をかなり考えて作られています。
それを一般のフードや手作り食で実現するのはとても難しいです。

なお、特に病気がない犬に購入したフードがあわなかった場合、 廃棄するのはもったいない・・なんて気持ちになってしまうかもしれませんが、本当に犬の健康を考えるのなら、 フードと犬の体の相性を見ながら、時にはすっぱりと止める勇気も必要です。

ただ、フードを切り替えた直後は、合う合わないにかかわらずお腹を壊す犬もいますので、 あきらかに体に合っていない場合をのぞき、少しずつフードの内容を切り替えながら、しばらく様子を見てあげるようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Copyright © 2016 - 犬ごはんナビ. All Rights Reserved.  (サイト概要